CX-3 1.5Lガソリン車に試乗した感想

先日、デミオのエンジンをかけるとメーター内の警告灯が点滅しだした。レンチの形をしたオレンジ色のマークだ、

実は前にも同様のことがあり、燃料フィルターの水抜きを促す警告であろうと、特に不安に思ったりはしなかった。

これはディーゼル車特有のことであり、ガソリン車にはこの警告は出ない。こういったところがディーゼル車の面倒なところでもある。デミオの場合、走行2万キロ毎に警告が出るのだが、ユーザーを不安にさせる警告灯じゃなくて、マツコネのディスプレイに「燃料フィルターの水抜きの時期です」みたいなメッセージを出したほうがいいのではないだろうか。

それはともかく、ディーラーでリセットしないと警告灯は消えないため、マツダのお店にいって診てもらった。

作業の間、新車の試乗を勧められたので、CX-3の1.5Lガソリン車に乗ってみることにした。

続きを読む →

The Last of Us Remastered

2013年に発売されたPS3用ゲーム『The Last of Us』をPS4に移植したのが『The Last of Us Remastered』だ。

『The Last of Us』については前々から耳にしてはいたが、今回初めてプレイしてみた。

ゲームの舞台は、人間の脳に寄生して精神と行動を支配する菌類が大発生してパンデミックが起こってしまったアメリカ。菌に感染した人々は理性を失い、正常な人間を襲っては感染を広めていく。いわゆるゾンビパニックみたいなものだ。ゾンビは動く死体だが、このゲームの「感染者」は、菌に侵された生きた人間だ。でも症状が進んだ者は頭がキノコ状に変形して、とても人間とは言えない状態になってしまっている。そんなのがうじゃうじゃうろついているわけで、そんな状況だからアメリカという国は崩壊し、感染を免れた人びとは小規模なコミュニティを作って何とか生き延びている。残念なことに、人々は協力し合っているわけではなく、不足する物資を巡って血みどろの奪い合いをしている。
主人公の中年男ジョエルは、なりゆきでエリーという名の少女をとある施設に送り届ける仕事を請け負う。エリーは菌に対して耐性を持っていて、彼女を調べればワクチンや特効薬が開発できて人類を救えるかもしれない。果たして、ジョエルは荒れ果てて危険だらけのエリアを抜けて、エリーを無事に目的地まで連れて行けるのか……?

続きを読む →

MAZDA3 SKYACTIV-Xを試乗した感想

ディーラーにデミオのオイル交換に行った際に、新エンジンのSKYACTIV-Xを搭載したMAZDA3の試乗を勧められたので、その感想を書いておく。

SKYACTIV-Xは、混合気の圧縮率を高めてディーゼルのような高トルクを発生させつつ、ガソリンエンジンの滑らかなフィーリングを持つエンジンとのこと。カタログを見る限り、従来型ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gよりも燃費が良いようだ。

運転してみたところ、トルク感はディーゼルエンジンに似ている。ただ、アクセルを踏み込んでも室内が静かなのでパワーがぐわっと出ている感じがしなくて、いつの間にか速度が上がっている……そんな感覚だ。市中を走る短い試乗で大したことは言えないが、高速道路ではスムーズに加速できるのではないだろうか。

続きを読む →

『DEATH STRANDING』が面白い

久々に『艦これ』以外で遊び倒したいと思ったゲームに巡り合えた。

ゲームクリエイター小島秀夫氏が作った『DEATH STRANDING』である。

デス・ストランディングという現象により他者との繋がりが絶たれたアメリカで、プレイヤーは「伝説の配達人」サム・ポーター・ブリッジズとなり、カイラル通信(インターネットのような通信網)によって再び人と人とを繋ぎなおしてアメリカを再建しよう、というのがこのゲームの基本ストーリーである。知らない人はこの説明だけでは何がなんだかわからないと思うが、より大まかに言えば、大災害によってバラバラになった世界を立て直そうということである。

続きを読む →

Detroit: Become Human

未来のデトロイトでは、人間とそっくりの姿をしたアンドロイドが、人間に替わる労働力や、パートナーとして普及していた。しかし、奴隷のような扱いを受け、理不尽な要求を突き付けられたアンドロイドがAIに異常をきたし「変異体」へと変貌。人間に反抗するようになっていった。

というのが『Detroit: Become Human』の基本ストーリー。

このゲームは2018年発売で、いつぞやにYoutubeでこのゲームのPVを観て、「面白そうだな」と思いつつ、「いつか気が向いたら遊んでみたい」程度の気持ちでいたが、今年の消費税増税前にせっかくだから気になるゲームを買っておこうと購入に踏み切ったわけ。

プレイヤーは、アンドロイドの捜査官コナー、家事用アンドロイドのカーラ、反人間レジスタンスのマーカスとなり、複雑に絡み合う三つの物語を進めていく。難しいアクションシーンは無く、基本的にコマンド選択で謎を解いたり、ストーリーを鑑賞していくアドベンチャーゲームだ。選択によってはストーリーが分岐するマルチエンディングになっている。

続きを読む →